主婦がWebライターで月10万円を稼ぐブログ

どうしても在宅ワークをやりたい40代主婦。『ランサーズ』でWebライターとして働き始め、7カ月目にようやく月10万円を達成!

ライターの仕事

【ランサーズ】タスク案件で稼ぐには運とスピードが必要@在宅Webライター

 

先日、提案している案件をチェックしていた流れで、偶然とても良い条件のタスク案件を見付けたので、さっそく作業に取りかかりました。

1文字1.7円くらいの案件なんですが、タスクでここまで好条件の案件ってめずらしいですよね?

50分くらいで書き終わったので、短時間で良い稼ぎになりました。
プロジェクト案件でもここまで好条件の仕事はなかなか見つけられないかも。

 

タスク案件は「いかに早く見つけるか」が大事

 

案件が公開になってすぐに見つけることができたのでラッキーでした。

そのあとすぐに募集件数に達していたので、良いタスク案件はいかに早く見つけるかに掛かっていますね。

時間が空いたときや、気分を変えたいときには、タスク案件をチェックしてみるのも良いな~と思いました。

こんなに好条件のタスクは滅多にないですが、時々こうして「え?」と思うようなタスクがポン!と出てくることがあるので、タイミングがいいと良いお仕事を見つけられます。

これまで書いたことのない分野でしたが、そんなにリサーチに時間がかかることなく、わりとスラスラ書けました。

久しぶりに120分という時間制限の中で仕事をしたのですが、最後にタスクをしていた頃から比べるとずいぶん書くのに慣れて来たなぁ…という手ごたえが。

昔の私だったら、1000文字くらいでもう制限時間ギリギリでしたもん。

今日は1200文字くらい書きましたけど、50分で推敲や校正まで出来ました。

もう記事のパターンが頭に入っているので、そこに当てはめていく感じで作業ができるんですよね。
まぁワンパターンになってしまうというデメリットもあるのですが…。

 




 

 

時間制限があると効率性が鍛えられる

 

やっぱり人間、あるていど制限がある中で成長していくのだとおもいます。

いつもはプロジェクトで仕事をしているわけですが、納期までに書ければいいので余裕があるとついダラダラしてしまうんですよね。

ここでも何度もぼやいてきましたが^^;

【Webライター】在宅ワークは時間があると逆にダラけてしまってダメですね…。

 

でも、タスク案件のように制限時間があると、仕事に取り組む集中度がまるでちがいます。

時間までに間に合わなかったら、せっかく書いた記事も、かかった時間も、かけた労働も、すべてがおじゃんになってしまうわけですから、それはもう必死!

追いつめられると思わぬ力が出るもので、これまでも何度も危ない時がありましたが、タスクで時間制限に間に合わなかったことは一度もありません。

できればもっと落ち着いて仕事をしたいところですが、作業スピードを上げるのにこれほど良い訓練はないなと思いました。

何といっても、効率性を一番に考えます。
リサーチもなるべく無駄がないように。
構成もすっきり分かりやすく。(自分も書きやすいから)

 

ちなみに、タスク作業の場合は、最初にメモ帳やワードで記事を作成しておいてから「作業スタート」ボタンを押してすぐに納品!という形をとる人も多いようです。

が、条件の良いタスクは記事を書いているあいだに作業件数が埋まってしまうため、私は「やりたい」と思うタスクがあったらすぐに作業ボタンを押して、何が何でも120分で完了させるようにしています。けっこう大変です^^;

ただ、ランサーズのフォーマットにそのまま入力していくのではなく、記事作成には私は「シンプルノート」という自動同期のアプリを使っています。

ランサーズの作業画面で仕事をしてしまうと、もしパソコンの不調などでデータがとつぜん消えてしまったときに取り返しがつきません。
そこは危険回避のために対策を取った方がいいと思います。

 

タスク案件もたまにはおすすめ!

ちょっと前に、タスク案件よりもプロジェクト案件の方がおすすめという記事を書いたばかりですが、たまにはタスク案件をやってみるのも気分転換に良いです!

【在宅Webライター】タスク案件とプロジェクト案件どちらをやるべきか?

 

でも基本はやっぱりプロジェクト案件です。
タスクをメインにするのはおすすめしません。

いつもいつも好条件のタスクが出てくるとは限りませんし、通常はタスクの報酬はかなり格安。
それに、毎日仕事を探すのはけっこうな手間です。

中にはタスクで1文字1円以上の仕事もあるんですが、そういう案件はたいてい難航しそうな内容でごく普通の主婦にとっては敷居の高いものばかり。

なので、プロジェクト案件をいくつかやりつつ、並行してたまに条件の良いタスクを見つけたらやってみる、というのがベターです。

良いタスク案件を見付けたら、そのクライアントをフォローしておくと良いですね^^

 

 

以前、1日1000円分のタスク作業をこなして月に3万円を稼いでいる人の記事を読んだことがあります。
月に3万円程度なら、タスクのみでもじゅうぶん到達可能ですよね。

案件を探すのが得意な人なら、もっと上を目指せるかもしれません。

でも、毎日毎日目を光らせて案件探しをするのはけっこうストレスなんじゃないでしょうか。
ライティングにかける時間もそれだけ減ってしまいますしね。

なので、タスクはたまの息抜きにして、やっぱりプロジェクトを柱に稼ぐのが効率的だと思います。

 

それでは!

 

 

ブログ村

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

【スポンサーリンク】





-ライターの仕事

おすすめ記事

1
未経験からWebライターになって半年続けた感想

  ランサーズでプロジェクト案件に挑戦し始めてから約半年が経ちました。 ...

2
【在宅Webライター】タスク案件とプロジェクト案件どちらをやるべきか?

  ランサーズでWebライターとして仕事をするなら、タスク案件よりプロ ...

3
【在宅Webライター】仕事をするのにWord(ワード)は必要か?

  在宅でWebライターを始めるのはとっても簡単。 パソコンとネット環 ...