主婦がWebライターで月10万円を稼ぐブログ

どうしても在宅ワークをやりたい40代主婦。『ランサーズ』でWebライターとして働き始め、7カ月目にようやく月10万円を達成!

ひとりごと

【Webライター】在宅ワークは時間があると逆にダラけてしまってダメですね…。

2017/07/26

 

いくつかの案件の締め切りがドドーっと押し寄せてきていたのがひと段落し、今すこし気が抜けています。

次の仕事もあるけど、納期がだいぶ先なので、なんだかやる気が起きずほったらかし。
とりあえず構成だけでも練っておこうとメモ帳を立ち上げたのだけど、ボーっとして頭がうまく働いてくれません。

最近、子どもがお昼に帰ってくるし、実は夫もテレワークといって在宅で仕事をする日が増えていて、何だか家の中にいつも誰かの気配があって落ち着かず…。

じっくりパソコンに向き合って集中しないと良い記事なんて書けません。
明日から夏休みだし、在宅ワークの主婦にとっては厳しい職場環境となりそうで憂鬱です…。





先日ひとつ変な案件がありました。
提案は別の人が選ばれたのだけど、私にも直接依頼が来たので記事を書くことに。

…といっても、プロジェクトが立ち上がったわけではなく、メッセージ機能で仕事を依頼され、執筆と校正が終わった段階で支払いスレッドを立ち上げて支払いを行うということでした。

普通こういうのはルール違反ですよね?
ちゃんとプロジェクトがスタートして、エスクロー入金がされてからでないと仕事に取りかかってはいけないと、ランサーズでも先輩ランサーさんたちも口を揃えて言ってます。

でも、クライアントさんの評価をくまなく調べてみると、評価数も多く良いコメントばかりで特に問題なさそうだったし、メッセージも丁寧で、しっかりした資料を提示してくれて、信用できそうだったので、ものすごく迷ったんだけど引き受けることにしちゃいました。

記事も1件だけだったし、もし何かトラブルがあったとしてもダメージは少ないだろうと思って。

でも、本当はダメですよね、こういうことは…。

とりあえず記事を納品して今連絡待ちですが、ちょっとハラハラしています。
ちゃんと支払ってくれるのかな。

こういう余計な不安を感じなくて済むためにも、やはりちゃんとルールを守ってくれるクライアントを選ばなくてはいけないですね。

【スポンサーリンク】

 

 

孤独な在宅ワークは、迷うことがあっても相談できる人もいないし、独断で仕事を進めていかないといけないので、そこがつらいところ。

サロンとかに入ればいいのだろうけど、お金がかかるし…。

もう少し稼ぎが出て来たら、そういう横のつながりを作っていくのもいいかなぁとは思うんですがね。
困ったときに相談できたり、情報を得られたり、何より仲間ができることはとても心強い。

だけど、こういったコミュニティも一長一短というか、得られるものがある代わりに失うものもあるような気がして積極的に踏み切れない自分がいます。

これまでも、人の集まるところに窮屈さを感じて来た自分としては、やっぱり孤軍奮闘が合ってるんじゃないかな~と思ったり。

まぁ、まだ在宅ワークをはじめたばかりなので、今はひとりで自分なりのやり方を身に付ける過程だと思います。

今後、もしかしたらどこかのサロンにお世話になることもあるかもしれないけど、そこで得られるものをしっかり吸収できる自分になってからの話ですね。

日々やることはたくさんあるのに、昨日から気が抜けてまともに仕事に向き合えておらず、気持ちばかり焦る…。

自分のブログのメンテナンスもあるし。

時間があるからダメなのかも。
案件探ししてなにか仕事を入れてみるかな。

スケジュールがキュウキュウの方が、メリハリのある時間の使い方ができます。

では、また。

 

ブログ村

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

【スポンサーリンク】


-ひとりごと

おすすめ記事

1
未経験からWebライターになって半年続けた感想

  ランサーズでプロジェクト案件に挑戦し始めてから約半年が経ちました。 ...

2
【在宅Webライター】タスク案件とプロジェクト案件どちらをやるべきか?

  ランサーズでWebライターとして仕事をするなら、タスク案件よりプロ ...

3
【在宅Webライター】仕事をするのにWord(ワード)は必要か?

  在宅でWebライターを始めるのはとっても簡単。 パソコンとネット環 ...