主婦がWebライターで月10万円を稼ぐブログ

どうしても在宅ワークをやりたい40代主婦。『ランサーズ』でWebライターとして働き始め、7カ月目にようやく月10万円を達成!

ライターの仕事

【Webライター】自分の記事は文字単価いくらの価値があるのか?

 

相変わらず、ランサーズのメッセージから仕事のスカウトがよく来ます。

最初から文字単価や文字数、記事の本数がこまかく指定されてるときは迷わず引き受けるかどうか決められるのだけど、困ってしまうのは報酬について何も書いておらず、「こちらの内容でお見積もりはおいくらでしょうか?」と聞かれてしまう場合。

私の方から「○○円です」と見積もりを提示しないといけないんでしょうけど、いったいいくらで提示すればいいのやら毎回悩んでしまいます。

そこで思ったんですが、私の書く記事は世間的に見てどのくらいの価値があるんだろうか?

正直、自分ではよくわかりません。

自分の文章力だけでなく、記事のテーマによっても変わってくると思うし。

Webライターの文字単価って本当にいろいろですよね。
誰でも書けるような記事から専門知識が必要な記事までジャンルはとても幅広いし、どこまでリサーチするのか、取材はあるのか、写真は撮影するのか、インタビューはあるのかなど、案件によって仕事の量も質も千差万別。

私は基本的に在宅オンリーなので報酬も安い傾向にありますけど、その中でも文字単価は実にいろいろなんですよね

例えば、今わたしは発達障害のサイトでけっこう専門的な記事を書いているんですが、その文字単価は1円です。

一方、健康記事ですがわりとフランクに書ける記事で、上記の発達障害に比べるとライティングにかかる時間は半分くらいですが、こちらは文字単価2.3円です。

かかる労力と報酬が比例しないんですよ…。

というか、クライアントのさじ加減ひとつで報酬なんていくらでも変わってきてしまうんです。

 

んでですね、今また新たに声のかかっている案件が、これまた発達障害系のサイトなんです。
これこれこういう記事を書いてほしいと説明があるんですが、最後に上に書いたようなこと(見積もりはいくらか)を聞かれてしまい、今悩んでいる最中です💦

正直、発達障害に関するライティングはかなり神経を使うんですよ…。

なので、ここはひとつ強気な見積もりを出しても構わないもんでしょうか?

ただ、そう思う反面、私のライティングレベルがその単価に見合っているのだろうか?という別の悩みも生じてきて、今すごくジレンマに陥っています…。

報酬は高い方がいいけど、強気の姿勢で見積もりを出して、あとから記事にガッカリされてしまったらどうしよう…。

それに、新しいクライアントさんと仕事をする時って、ちゃんと相手の要求にこたえられる記事がかけるのか、とても不安になるんですよね。

今はとても忙しいし、正直そこまで気をまわしていられないのが本音…。

でも、もし今やっている他の案件よりも報酬がいいなら、前向きに検討したいし。

 

うーん。

だったら、とにかく自分の希望額で見積もりを出してみろって話ですね。

そうか。

……うん、そうしてみようかな。

 

ブログ村

ランキングに参加しています。

にほんブログ村 小遣いブログ SOHO・在宅ワークへ

【スポンサーリンク】





-ライターの仕事

おすすめ記事

1
未経験からWebライターになって半年続けた感想

  ランサーズでプロジェクト案件に挑戦し始めてから約半年が経ちました。 ...

2
【在宅Webライター】タスク案件とプロジェクト案件どちらをやるべきか?

  ランサーズでWebライターとして仕事をするなら、タスク案件よりプロ ...

3
【在宅Webライター】仕事をするのにWord(ワード)は必要か?

  在宅でWebライターを始めるのはとっても簡単。 パソコンとネット環 ...