ひとりごと

日々の雑感

 

今、とある美容メディアで記事を書いているんですが、そこには数人のライターがいて、チャットワークのグループチャットっていうんですかね、そこでライター全員とメディア側の担当者がやり取りを交換しているんです。

記事の納品報告や、修正依頼、そのほか支払い関係もぜんぶそこでやり取りするので、他のライターとメディア側のやり取りもぜんぶ見えてしまうんですよ。

で、そこでわりと頻繁に注意を受けているライターがいるんです。
内容は、決められたルールをうっかり忘れてしまうとか、記事内の商品紹介で記載が間違っているとか。

私はいちばん最後にそこへ加わったもので、そういうやり取りを見ながら「ふむふむ。同じことしないように気を付けよう。」と勉強させてもらってるんですが、何だかあまりにしょっちゅう叱られているもんで、いちいち他のライターに知られてしまうのはストレスではなかろうか?と心配になってきました。

もし私だったら、、、と思うと、ちょっと嫌だなぁ。

まぁ、ポカをしないように気を付ければいいんですけど、私もいつうっかりミスをしてしまうか…。

こわいこわい、と身を引き締めております。

 

最近、評価を下げられることが続いていて、ちょっと凹んでいます。
総合評価が星4つだったり、総合評価は5だけど、能力の項目で星4つとか。

あぁ、相手の期待に応えられなかったんだなぁと思って落ち込んでいます。

でも、以前のように大ショックを受けるほどではありません。
だいぶ慣れてきたのかな。
こんなことに慣れてはマズいような気もしますけど。

一度星4つの評価がつけられてしまうと、もうどんなにがんばっても星5つには復活できないんでしょうかね?
でもそれなりに数をこなしていれば、星5つをキープすることなんてほぼ不可能だろうし、別にいいんですがね。

ただ、ランサーズの評価って、星5つが当たり前みたいなところがありますよね。
星4つだって客観的に見ればいい方だと思うんですが、ランサーズで星4つだと「何か問題があって下げられたんじゃ?」と思われてしまいそう。

クライアントはそういうの分かっていない人もいるのではないかと思う。
案外、気楽に星4つとか付けているような。

というのも、評価を下げたのに継続依頼をしてくるクライアントがいるんです。
記事が気に入らなかったら、2度と依頼してこないですよね、普通。

なので、もしかしたら「基本は星5つ」という暗黙の了解が分かっていないクライアントがいるのではないかと思うんです。
そんな人の継続依頼を受けてまた評価を下げられちゃたまったもんではありませんので、星5つ以外を付けたクライアントの継続は受けないようにしています。

あまり平均評価を下げられてしまうと、認定ランサーを取り消されてしまうし。

認定ランサーの基準は、評価4.8以上。

けっこう厳しいですよね…。

認定が得られるかそうでないかは、ランサーズを基点として仕事をしている私にとっては、まさに死活問題。

取引や納品した記事に不備があれば、低い評価はやむを得ないと思いますが、軽い感覚でポンっと低い評価を付けるクライアントはランサーにとって地雷に他ならない。

しっかり自己防衛していかなければなりません(-_-)

 

それでは、また。