ライターの仕事

【在宅Webライター】本気を出しても1日7000文字

 

1万文字の記事なんですが、納期を勘違いしていたせいで、2日で仕上げなくてはいけなくなりました。

先日、1日1万文字を書くのは可能なのかというブログ記事で、私は仕事の記事ならせいぜい6000文字が限度と書いたのですが、そんなことも言ってられなくなり、本気で記事作成に取り組むことに。

結果、本気を出しても7000文字しか書けませんでした

正確には7500文字くらいですが。

でも、1日目に7500文字、2日目の午前中に残りの2500文字を書き、午後に推敲・校正をして、夜には無事に納品完了。

いつもゆるいペースで仕事しているので、こんなに焦ったのはひさしぶり。
間に合ってホッとしました^^;

でも、おかげで他のことがほとんど何もできず、食事の支度もものすごい手抜きをして、掃除もろくにせず、本当にパソコンに付きっ切りだったので、夫にすこしムッとされてしまった…。

納期の勘違いは、スケジュール帳に書き写す時のうっかりミスでした。
でも納期前に気付けて良かった。




で、1日に6000文字が限度だと思っていましたが、本気を出したら7000文字行きました。
限界がすこし広がったので良いことかもしれませんが、あれだけ家事をないがしろにしての結果なので、素直には喜べず…。

自分でも作業に無駄が多いことには気付いているんですが、性格の部分もあると思うので、これ以上スピードを速めて行かれるのかちょっと疑問であります。

具体的には、途中で何度も文章をチェックしてしまうクセです。
たぶん仕事が遅い理由はほかにもあるとは思いますが、自分で気づいているのはそれです。

途中でいちいち細かい文章チェックなどしないで、いったん最後までバーッと書いてから、チェックに入った方が効率的なのは分かっているんですが、どうしてもその場で気になって読み返してしまうんですよね。
何度も何度も。

ちょっとした言い回しとか細かいところに変にこだわったりして。

完璧主義が足を引っ張っているんだろうなぁ。

まぁでも、今回はもともとリサーチに時間のかかる案件だったので、仕方ない。
本も読まないといけなかったし。

ただ、1日7000文字とは言っても、このペースで仕事をしていれば今よりもっと収入を増やすことは可能。
本気を出せば、たぶん私の目標である月10万円なんてすぐにクリアしてしまうと思います。

今回の1万文字の記事も、月に10本書けばそれだけで10万円になりますしね。

だからもう、たんに自分のやる気次第なんだなぁと思います。
やるかやらないか、だけですね。

まぁ、やらない…ですね、たぶん‥。
すごくしんどいから。

こういうところが、なかなか稼げずにくすぶっている理由なんでしょうけど^^;