ライターの仕事

【在宅Webライター】長文は苦手。短文を大量に書いた方が楽かもしれない。

 

最近やたらと長文の案件が増えて来て、アップアップしています。

長文の記事って、書いている途中でわけが分からなくなってきませんか?ワタシダケ?

私がいちばん書きやすいのは、1500文字~2000文字くらいの記事。

3000文字を超えてくると、だんだん苦しくなってきます。

 

長文を書くのがなぜ大変なのか?

私にとって長文記事を書くのが大変な理由は、大きく分けて2つあります。

ひとつは、文字数が長くなればなるほど深いリサーチが必要になるから。

1500文字程度だと、そこまで深く掘り下げた記事は書けません。
短い中で起承転結を書かないといけないため、それぞれの内容は浅くなりますし、一点集中の記事なら「狭く深く」になるので、リサーチはそれほど苦ではないんです。

でも、3000文字とか5000文字とかになると、リサーチの幅も深さもぐんと増します。
とにかく記事を書く前の段階でやたらと時間が掛かる。
それが苦痛なんですよね…。

最近は7000文字とか8000文字とか、なぜか長文を依頼されることが多くて少々閉口気味。
リサーチに何日もかかることもあり、なかなか執筆にたどり着けません。

 

もうひとつは、書いている途中で記事の流れを把握するのが容易ではないから。

もちろん、長文になるほど構成はしっかり練るんですが、それでもわけが分からなくなる時があります。

書いている途中で、これまで書いてきたことを読み返すことは多いと思うんですが、短い記事ならパッと見て流れを把握できるところを、長文だとそう簡単には行きません。

文章の矛盾や、流れがおかしいところなどをチェックするのに、長文記事は本当にめんどう。




短い記事をたくさん書いた方が楽かも?

以前は、短い記事を何本も書くより、長文を一気に書いた方が効率が良いんじゃないかと思っていました。

でも、いざ長文記事に取りかかってみると、こんなに大変なんだ!とウンザリしています…。

なので、今は実感として、たとえば10000文字を1本書くよりも、2000文字を5本書く方が気が楽。

でもまぁ、5本分のテーマやタイトルを考えて、それぞれにリサーチをしなければいけないので、単純に比べられるものではないですが、私の場合は長文があまりに苦痛なので、今は短文を大量に書く方がむしろ楽です。

もっと経験を積んで行けば、長文も楽に書ける日が来るのかなぁ。

まだ長文に挑戦するだけの技量が身に付いていないんだと思います。
身の程知らずだったかなぁ。

でも、最初からそんなに長文だと分かっていたら絶対に引き受けなかった!

継続していくうちに、だんだん求められる文字数が増えて来てしまったんですよ…。

 

今はいちばん少ない文字数が1500文字なんですが、まぁ書いてて楽なこと楽なこと(笑)

以前は1500文字でもヒーヒー言ってたので、そこは多少成長したかもしれない。

今はまだ2000文字くらいまでの記事を中心にやっていきたいのが本音です。
1~2時間で書ける記事がいちばん気楽。

まだまだひよっこライターですね…。